株式会社カヤック(面白法人カヤック)

説明画像
「和」をイメージした鎌倉本社
説明画像
動くCIにも注目
説明画像
ゲームアプリ「ぼくらの甲子園!」シリーズ
Web制作で培ったノウハウを生かしたスマートフォンアプリ提案
事業内容 日本的面白コンテンツ事業
所在地 鎌倉市小町2-14-7 かまくら春秋スクエア2F
資本金 2億3,500万円
財務情報 2011年12月実績 23億1,600万円
2012年12月実績 25億500万円
企業URL http://www.kayac.com/
自社の特色/強み 鎌倉に本社を置きオリジナルWebサービス事業、Web制作事業を主要事業とする。
ソーシャルゲーム、スマートフォンの企画開発も手がける他、飲食事業も展開。
自社で運営するWebサービスに「koebu」、「jsdo.it」、ソーシャルゲーム「ぼくらの甲子園!」シリーズ、ソーシャルゲーム専門グループチャットアプリ「Lobi」など。東京インタラクティブ・アド・アワード、カンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバルなど国内外の広告賞を多数受賞。ユニークな人事制度(サイコロ給、スマイル給)やワークスタイル(旅する支社)なども実施する。
お問い合わせ

株式会社カヤック 代表取締役 柳澤 大輔、貝畑 政徳、久場 智喜

株式会社カヤック
代表取締役 柳澤 大輔、貝畑 政徳、久場 智喜
1998年 合資会社として面白法人カヤック設立
2001年 グループ会社、株式会社クーピー設立
2002年 本社を鎌倉に移転
2005年 合資会社カヤックから株式会社カヤックへ組織変更
2007年 絵の測り売りART-Meterのリアルショップ、初の飲食事業DONBURI CAFE DINING bowlsオープン
2008年 株式会社カヤックと株式会社クーピーを合併
2010年 モバゲーオープンプラットフォームにてアプリ提供を開始
2011年 第三者割当増資を発表
2012年 ヨコハマ展望台オフィス開設


株式会社カヤック(面白法人カヤック)
代表取締役 柳澤 大輔、貝畑 政徳、久場 智喜

―御社の事業内容を教えて下さい。
Webの企画開発運営を主要事業とし、近年はモバイル、スマートフォンのアプリに事業を拡大しています。自社アプリではiPhone、androidともに企画から運用までを手がけています。

―スマートフォンアプリにおける御社の強みを教えて下さい。
Web 制作で培って来たデザイン / UI / そしてアイデアを生かした、お客様に「面白い!」と喜んでいただけるアプリケーションを提案させていただきたいと思っております。また、自社で開発したアプリや多くのクライアントワークで得た経験をもとに戦略的な企画の提案、規模にあわせた開発など行うことができます。

是非、弊社の実績をご覧くださいませ。
http://www.kayac.com/service/sp/iphone/

―スマートフォンアプリにおける今後の展開を教えて下さい。
iPhone のみならず、iPad や Android の登場により我々の身の回りを取り囲む IT のインフラが急速に変化してきております。今後、これらの環境を活かして既存のコンテンツに対して、ユーザに新しい体験と価値、そして驚きを提供できるようなアプリを開発していきたいと考えております。

―こんなものを作れたら?と考えているアプリケーションの企画を教えてください。
android や iPad を UI に使用した業務アプリの開発をしてみたいです。例えば美術館の館内案内や、スマートフォンを操作端末として使うインタラクティブなオフィスシステムなど、その場における人の行動の可能性を広げるものを企画開発してみたいです。もちろん、それ以外のアプリケーションも面白いものであれば積極的に取り組みます!


〔インタビュー掲載日〕2010年8月30日
お問い合わせ

※このサイトは、取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。 ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について(株)プラージュは何ら保証しないことをご了承ください。 自己の責任において就職、転職、投資、業務提携などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

 ※WEB制作会社100に掲載されている内容については、監修企業である(株)プラージュに直接お問い合わせください。

ページのTOPへ